フォアハンドの手首の使い方はあいーん

錦織選手がデビューしたてのころに真横でストロークを見る機会がありました。

フォアハンドストロークを見て衝撃だったのが、手首の返しが気持ち悪いくらい速いということでした。

動きとしては、車のハンドルをきる動作が近いでしょうか。運転しないので適当ですが。

 

当時はグリップを握るということを知らなかったので、どうしてあんなに早く返せるのかわからなかったです。強く握った状態でそんなことしたらすぐに手首傷めますね。それでも錦織君は手首を痛めていましたが…

 

最近、女性の元ジョッパーの方に素振りを見せていただいたときも手首の返しがとても速かったです。一時期、どうすればボールをつぶして打てるのかばかり考えていたのですが、そんなことは考えていないとのこと。

 

多分、手首を返すまでボールをホールドできていれば十分ボールを押せているということなのでしょう。ボールを押さずに手首の返しだけで打てば回転のかかった軽い球が浅く入ることでしょう。

 

この手首を返す動きをラケットを持たないでやると「あいーん」みたいで間抜けなのですが、志村けんリスペクトで頑張りたいです。

間ま待

ジョッパーの方とダブルスを組ませてもらったときに、フォームとかやってることは間違ってないけど、間が取れていないと言われました。

 

フォアハンドを打つまでに体がぐらぐらしてるから面がぶれるしタイミングもずれてボールをしっかり捕らえられていないのだ。ボールをしっかり待って打つべし、と。

 

ぐらぐらしているつもりはなかったのですが、確かにプロの連続写真を見るに、みなさん体の中心に軸があるようにきれいに体を捻って回して打ってます。

 

両手バックハンドは速い球が来ても自信を持って待ち構えてスイングできますが、フォアはその自信がありませんでした。よく言われる自由度が高いから安定しないというやつでしょうか。

 

そんなアドバイスを受けた後、私のリターンが返らずにデュースが続くゲームの最中でした。リターンが返ってもクロスに行かず前衛に決められまくっていました。

何回目のデュースか忘れたころ、ひたすら「ボールを待ってリターンを打つ」と念じていたら、今まで聞いたことのない音が耳元でして、ネットダッシュをしていた後衛をするどいリターンが強襲してミスをさせていました。

 

自分でもびっくりしていたところ、それだよ! とお褒めいただきました。

 

あとで気がついたのですが、間をとるというのは、ボールを待つということもそうですが、構えでもしっかり静止して溜めを作って間をとるということも含まれるのでないでしょうか。

 

特にリターンなどでは、ボールに向かって大きく踏み出して打っている写真をよく見るので先に体を動かしてしまっていたのです。そうしないと届かないボールだからそうするのであって、動く必要がなければその場で止まって打てばええやん、ということです。

 

ストロークに関しても体重移動で強いボールを打とう! という意識があったのですが、止まって打てるのであれば、楽にボールをコントロールしたほうがよいに決まっています。

 

ボールを待って打つということは意外と勇気が要ります。私の場合は特にフォアだと慌ててしまうみたいです。そういった時は最後までボールをしっかり見ていればなんとなく上手くいくことが多い気がします。まだまだ練習が必要なようです。

初めはゆるゆるで

数年前に、ゲイブ・ハラミロというテニスコーチの動画を見て、とにかくラケットをゆるく握るようになりました。

 

初めのころは慣れなかったけれど、次第に違和感が薄れ、なぜ緩く握るべきなのかわかってきました。

一番重要な目的はラケットを加速させるため。

緩く握っていれば、振った気負いでラケットがはしってくれますし、そこからちょっと握れば握ったところを作用点としてテコの原理のように更に加速してくれます。

今また、フォアハンドの打ち方などを改善していく中で改めてこの緩く握ることが大事なんだなーと実感しております。

初回は基本中の基本、グリップを緩く握るという覚え書き。

 

でも、ボレーは例外だと思うのですよね。

打つ瞬間、面を保つためにはしっかり握らなければいけない。その瞬間だけにしてもボレーボレーだと緩める隙がなく疲れてしまう。

なんかコツとか思い違いがあるのでしょうか。今後の検討事項にしておきましょう。

 

 

タイトルにあるとおり、テニスが上手くなりたい、強くなりたいという社会人のブログです。

日々の練習や試合、他の人から聞いた話しなどを自分の中で噛み砕いてメモ代わりに記録していきます。テニスに関してアドバイスがあればコメントください。