初めはゆるゆるで

数年前に、ゲイブ・ハラミロというテニスコーチの動画を見て、とにかくラケットをゆるく握るようになりました。

 

初めのころは慣れなかったけれど、次第に違和感が薄れ、なぜ緩く握るべきなのかわかってきました。

一番重要な目的はラケットを加速させるため。

緩く握っていれば、振った気負いでラケットがはしってくれますし、そこからちょっと握れば握ったところを作用点としてテコの原理のように更に加速してくれます。

今また、フォアハンドの打ち方などを改善していく中で改めてこの緩く握ることが大事なんだなーと実感しております。

初回は基本中の基本、グリップを緩く握るという覚え書き。

 

でも、ボレーは例外だと思うのですよね。

打つ瞬間、面を保つためにはしっかり握らなければいけない。その瞬間だけにしてもボレーボレーだと緩める隙がなく疲れてしまう。

なんかコツとか思い違いがあるのでしょうか。今後の検討事項にしておきましょう。

 

 

タイトルにあるとおり、テニスが上手くなりたい、強くなりたいという社会人のブログです。

日々の練習や試合、他の人から聞いた話しなどを自分の中で噛み砕いてメモ代わりに記録していきます。テニスに関してアドバイスがあればコメントください。