間ま待

ジョッパーの方とダブルスを組ませてもらったときに、フォームとかやってることは間違ってないけど、間が取れていないと言われました。

 

フォアハンドを打つまでに体がぐらぐらしてるから面がぶれるしタイミングもずれてボールをしっかり捕らえられていないのだ。ボールをしっかり待って打つべし、と。

 

ぐらぐらしているつもりはなかったのですが、確かにプロの連続写真を見るに、みなさん体の中心に軸があるようにきれいに体を捻って回して打ってます。

 

両手バックハンドは速い球が来ても自信を持って待ち構えてスイングできますが、フォアはその自信がありませんでした。よく言われる自由度が高いから安定しないというやつでしょうか。

 

そんなアドバイスを受けた後、私のリターンが返らずにデュースが続くゲームの最中でした。リターンが返ってもクロスに行かず前衛に決められまくっていました。

何回目のデュースか忘れたころ、ひたすら「ボールを待ってリターンを打つ」と念じていたら、今まで聞いたことのない音が耳元でして、ネットダッシュをしていた後衛をするどいリターンが強襲してミスをさせていました。

 

自分でもびっくりしていたところ、それだよ! とお褒めいただきました。

 

あとで気がついたのですが、間をとるというのは、ボールを待つということもそうですが、構えでもしっかり静止して溜めを作って間をとるということも含まれるのでないでしょうか。

 

特にリターンなどでは、ボールに向かって大きく踏み出して打っている写真をよく見るので先に体を動かしてしまっていたのです。そうしないと届かないボールだからそうするのであって、動く必要がなければその場で止まって打てばええやん、ということです。

 

ストロークに関しても体重移動で強いボールを打とう! という意識があったのですが、止まって打てるのであれば、楽にボールをコントロールしたほうがよいに決まっています。

 

ボールを待って打つということは意外と勇気が要ります。私の場合は特にフォアだと慌ててしまうみたいです。そういった時は最後までボールをしっかり見ていればなんとなく上手くいくことが多い気がします。まだまだ練習が必要なようです。